香典の準備とマナー

  香典の本来の目的は、不幸に際してお互いに助け合うことから来ています。香典は、通夜に出席する時は通夜に、通夜に出席しない場合は葬儀に持っていくのが普通です。渡し方については、香典を直接出すのは失礼にあたります。ふくさ等に包んで持参し、芳名録に記帳を済ませ、ふくさから出して相手の方へ向けて差し出します。香典の表書きについて、色々な書き方がありますが、出席する当家の宗派が分からない場合は御香典、相手の宗派が浄土真宗の場合は御仏前、禅宗は御霊前が一般的です。また、神道については御玉串料、キリスト教の場合は御花料と書きましょう。のし袋は黒・白・銀の水引の結び切りを金額に合わせて選びましょう。ご法要には黒・白・銀・黄の水引の結び切りを使用します。また、ご香典を持って来られる方で同姓の方がいることもあるので、のし袋には氏名をはっきり書くようにしましょう。住所も書けばより丁寧です。
※香典の表書きにつては、コラム「香典の表書き、どう書くの?」もご参考ください。
>>コラム「香典の表書き、どう書くの?」