「後返し」について

会葬していただいた方への香典返しは、葬儀当日に「即返し」として終了する地域もありますが、忌明け(四十九日)に、「後返し」(半返し)として一般的には香典でいただいた額の半額の品物に、滞りなく葬儀を済ませ、忌明けを迎えることができたという内容の挨拶状を添えて贈るのが一般的です。仏式の場合、山口県では表書きに満中陰志と書きますが、地域や宗派によって書き方は様々です。

葬儀が終わり、一段落したら香典・供物帳を参考に「後返し」が必要な方々のリスト作成をお勧めします。手順は名前・住所・電話番号・郵便番号・故人との関係・香典額・お返し金額・お返し品の候補を用紙にまとめ、発送が完了したらチェックしておくと便利です。

一部地域を除き、通夜・葬儀に出席すると「会葬御礼品」を渡し、四十九日に改めて、「後返し」(半返し)を送りますが、香典返しの考え方は地域によって大きく違いますので、無礼を感じさせないことが大切です。気持ちを伝えること、それが「後返し」です。

香典返しを渡すイメージイラスト