ご葬儀の際、挨拶で避けるべき言葉とは?

 葬儀などの弔辞で気を付けたいことの一つに「挨拶」があります。大切な方を失ったご遺族に対して、お悔みや元気づける言葉をかける際にも使用してはいけない言葉があるので注意が必要です。また宗派によっては弔辞、弔電などで使用してはいけない言葉があるので注意しましょう。
お悔みの言葉の例文として、
「この度はまことに思いがけないことで、本当に残念です。」
「ご逝去の知らせを受け、ただただ驚いております。謹んでお悔み申し上げます。」
などがあります。忌み言葉を避けるようにすることが最低限の礼儀であり、常識です。不幸が続くことを連想させる言葉の事で、ご遺族に対する配慮から使用してはいけません。「重ね重ね」、「たびたび」、「またまた」、「再々」などがあり、「かえすがえすも残念」も禁句となります。「死亡」、「死去」という言葉も直接使わないようにしましょう。「お気の毒」も皮肉や冷やかしに聞こえるので適当ではありません。大切な方を失くした遺族の心中を察した思いやりが大切です。

弔辞のイメージイラスト